北アで新潟の医師滑落死 「ジャンダルム」付近で 

  • LINEで送る

 14日午前11時25分ごろ、長野県松本市の奥穂高岳(3190メートル)の「ジャンダルム」と呼ばれる険しい岩場付近で、新潟県新発田市新富町、医師木戸成生さん(63)が約150メートル滑落した。長野県の防災ヘリコプターで救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 松本署によると、木戸さんは13日に上高地から1人で入山した。近くにいた別の登山者が滑落に気付いて通報した。