作新学院2―5日大山形 庄司の緩急さえる 

  • LINEで送る

作新学院戦に先発した日大山形・庄司=甲子園

 日大山形は1点を追う一回に3安打などで2死満塁とし、浅沼、武田の連打で3点を挙げて逆転。八回に2本の適時二塁打で突き放した。庄司はカーブ、チェンジアップで緩急をつけ、テンポよく投げて12奪三振で2失点完投。作新学院は六回に小林の本塁打で1点差に迫ったが、三回途中から好救援していた2番手の朝山が八回につかまった。