豊川工・陸上部監督、他校へ異動 体罰問題で愛知県教委 

  • LINEで送る

 愛知県教育委員会は29日、部員への体罰を繰り返した県立豊川工業高(豊川市)の陸上部監督の男性教諭(50)を4月1日付で豊橋市の県立高に異動させる人事を発表した。

 県教委は「同じ学校で20年間勤務し緊張感が緩んだことも、行き過ぎた指導が生じた理由の一つ」としている。

 豊川工業高の元PTA会長らは駅伝の強豪校に育て上げた実績を評価し、指導継続を求める約3万8千人分の署名を提出していた。

 男性教諭は今月13日付で停職4カ月の懲戒処分を受けており、異動先の県立高で授業をするのは2学期から。