「危険直視せず」と批判 政府事故調の畑村氏 

日本記者クラブで記者会見する、政府の東京電力福島第1原発事故調査・検証委員会の委員長を務めた畑村洋太郎氏=25日午後、東京・内幸町

 政府の東京電力福島第1原発事故調査・検証委員会の委員長を務めた畑村洋太郎氏が25日、日本記者クラブ(東京)で会見し、政府や東電の津波への備えについて「津波を危険として直視する能力が極めて低かった」と、あらためて批判した。

 畑村氏は、政府の情報発信の在り方について「無用な混乱を起こさないためだったのだろうが、重大事故の広報として不適切な点がずいぶんあった」と指摘した。

 東電の対応を「第2原発と違い、第1原発では全体像を捉える対応ができていなかった」と述べ、23日にまとめた最終報告での指摘を繰り返した。


  • LINEで送る