大飯原発4号機フル稼働 48基、運転再開見通せず 

 関西電力は25日、大飯原発4号機(福井県おおい町、118万キロワット、加圧水型軽水炉)が同日午前1時、フル稼働に達したと発表した。昨年3月の東京電力福島第1原発事故後、定期検査で停止した国内の原発がフル稼働するのは、9日の3号機に続いて2基目。

 政府が再稼働を決めたのはこの2基だけで、国内の残る48基が運転再開する見通しはない。再稼働の手続きは9月に発足予定の「原子力規制委員会」に引き継がれるが、具体的な手順は決まっておらず、電力需給は不透明な状態が続きそうだ。


  • LINEで送る