提言に真摯な対応要請 政府事故調が最終報告提出 

 政府の東京電力福島第1原発事故調査・検証委員会(畑村洋太郎委員長)は23日の会合で取りまとめた最終報告を野田佳彦首相に提出し「原子力災害が二度と起こらないように、被害を軽減するにはどうしたらいいか提言している。政府には真摯な対応をしてほしい」と要請した。

 首相は、会合が開かれた東京・大手町合同庁舎で畑村氏から報告を手渡され「(9月に発足する)原子力規制委員会を中心に再発防止に万全を期したい」と応じた。

 畑村氏は提出後の記者会見で「放射線が強すぎて実物に近づけないことに調査の限界があった」と約1年の調査活動を振り返った。


  • LINEで送る