最遠の超新星の跡発見 すばる望遠鏡、119億光年先 

超新星の残骸を調べるのに利用した天体「クエーサー」。重力レンズの効果で一つのクエーサーがいくつにも分かれて見える(東京大提供)

 地球から約119億光年離れたところに、星が一生の最後に大爆発した「超新星」の残骸があることを東京大や京都産業大などのチームが、すばる望遠鏡(米ハワイ島)で発見し、23日発表した。最遠の超新星の跡という。

 光は1光年進むのに1年かかるため、遠方を見ると過去の姿が見える。発見した残骸は、宇宙に銀河が活発につくられた時代にあるとみられ、チームは「多数の残骸を調べれば、この時代の宇宙史を明らかにできる」としている。

 チームは、うしかい座の方角に明るく輝く、約119億光年先の天体クエーサーを観測した。


  • LINEで送る