「メガソーラーの町」PR 長野県富士見町、国内有数 

 長野県富士見町は23日までに、町が出資する新会社で2千キロワット(2メガワット)級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を始める計画を明らかにした。町ではシャープが県の誘致を受けて9メガワット級の事業を展開する予定もあり、合わせて11メガワット。環境省によると国内有数の規模で、町の担当者は「メガソーラーの町としてPRしたい」と話している。

 町の計画では、町土地開発公社が住宅用に購入した土地4・5ヘクタールに太陽光パネルを設置し、2メガワット級の発電所を造る。来年秋の運用開始を目指す。発電量は年237万キロワット時で、約700世帯分の年間電気使用量を賄える。


  • LINEで送る