連続少女刺傷事件で少年逆送 さいたま家裁 

 埼玉、千葉両県の連続少女刺傷事件で、さいたま家裁は18日、殺人未遂や非現住建造物等放火容疑などで家裁送致された埼玉県三郷市の少年(17)を検察官送致(逆送)とする決定をした。

 同家裁は決定理由を明らかにしていない。

 少年は昨年11月、埼玉県三郷市で中学3年の女子生徒のあごを刃物で突き刺し、同12月に千葉県松戸市で小学2年の女児の脇腹など数カ所を刺したとして、殺人未遂などの疑いで5月に家裁送致された。


  • LINEで送る