滋賀県警、生徒ら300人聴取へ 保護者同席など意向も尊重 

自殺した男子生徒が通っていた中学校の家宅捜索で、校内に入る滋賀県警の捜査員=11日夜、大津市

 大津市の中2男子自殺で、滋賀県警は男子生徒が通っていた中学校の生徒や保護者ら少なくとも約300人から任意で事情を聴く方針であることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 全校生徒は800人超で、当初は全ての生徒から聴取することも検討されたが、まずは男子生徒と同学年を中心に、アンケートに実名で回答した生徒や保護者らの聴取が必要と判断したとみられる。

 県警は聴取内容を踏まえ、必要があれば事情を聴く対象を広げることも検討する。保護者が同席するかなどは生徒らの意向を尊重するとしている。


  • LINEで送る