拿捕日本人2人、14日引き渡し 国後島沖でロシア拘束 

 第1管区海上保安本部(小樽)は13日、北方領土・国後島沖で6月下旬に船を拿捕され、拘束された日本人2人について、14日にロシア国境警備局から引き渡しを受けると発表した。

 2人は北海道根室市の自営業中村繁男さん(58)と北海道別海町の山県邦明さん(54)。海保の巡視船が根室港から約35キロの海上に向かい、14日午前10時ごろに引き渡しを受ける予定。

 国境警備局などの調べでは、中村さんら2人とロシア人2人が乗った船が6月26日未明、国後島の北西沖でロシアの警備艇に見つかり、停船命令に従わずに逃走。船からは乾燥ナマコや生ナマコが見つかった。


  • LINEで送る