壮年期の板垣退助の写真公開 明治初期?子孫が保管 

30代半ばごろの板垣退助(中央)の写真の複製を手に記者会見する高知近代史研究会の公文豪会長=13日午後、高知市

 高知市出身の政治家で自由民権運動の指導者板垣退助(1837~1919年)の30代半ばごろの姿を写した写真が見つかり、高知市立自由民権記念館が13日、その複製を報道陣に公開した。大阪府池田市に居住する板垣の子孫が保管していたもので、公開は初めて。

 高知近代史研究会の公文豪会長(63)によると、写真は明治初期に撮影されたとみられ、板垣の壮年期の写真としては「大変貴重」という。

 写真では中央に板垣、向かって左側に板垣の次男正士を養子に迎えた乾正厚が写っている。板垣以外はいずれもまげ姿。

 8月1日から、同館で開催する「新出資料展」で一般公開する。


  • LINEで送る