カルピス、個人情報9万件流出か キャンペーン登録者 

カルピスの本社=東京都渋谷区

 飲料大手カルピス(東京)は13日、キャンペーン登録者の個人情報約9万6千件分がインターネット上に流出した恐れがある、と発表した。5日に登録者から「自分の個人情報が閲覧できる」と連絡があり、カルピスは情報を削除した。

 流出した可能性があるのは、2009年8~10月に賞品応募のためのキャンペーンに登録した9万5689件分の名前、住所など。

 管理を任せていた外部の委託先からキャンペーン終了後、情報を廃棄したと報告を受けていたが、実際は委託先の担当者が情報を不正コピーし、ネットに接続したレンタルサーバーに移したため一般の閲覧が可能になったという。


  • LINEで送る