英女王、聖火を出迎え ウィンザー城で 

10日、ロンドン郊外のウィンザー城で、ロンドン五輪の聖火を見守るエリザベス女王(右から2人目)(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】27日開幕のロンドン五輪の聖火リレーが10日、ロンドン郊外にある英王室のウィンザー城を通過し、エリザベス女王(86)が城の中庭で聖火ランナーを出迎えた。

 ウィンザー城は女王が週末などを過ごす居城。女王は夫のフィリップ殿下(91)とともに、聖火を運んできた女性走者のジーナ・マクレガーさん(74)を歓迎。笑顔で握手を交わし、マクレガーさんから次の走者のトーチに聖火が移される場面に立ち会った。

 聖火リレーは5月19日に英南西部のランズエンド岬をスタート。ロンドン東部の五輪スタジアムで行われる開会式では、女王が開会を宣言し、聖火が点火される。


  • LINEで送る