柔道の西山「自分のリズムで金」 国士舘大で壮行会 

国士舘大の五輪壮行会でポーズをとる(左上から時計回りに)シンクロナイズドスイミングの足立夢実、陸上女子やり投げの海老原有希、新体操のサイード横田仁奈、柔道男子の西山将士、新体操の松原梨恵=10日午後、東京都世田谷区

 ロンドン五輪に出場する国士舘大の在校生、卒業生の壮行会が10日、東京都内で開かれ、柔道男子90キロ級の西山将士(新日鉄)は「いい意味で人のことを気にしない。自分のやり方、リズムで金メダルを狙いたい」と必勝を誓った。

 陸上女子やり投げの海老原有希(スズキ浜松AC)は「一つでもいい順位、1センチでも遠くへ投げたい」と抱負を語り、新体操のサイード横田仁奈(ふじしまク)と松原梨恵(ALFA)の1年生2人やシンクロナイズドスイミングの足立夢実(ミキハウス)も五輪開会式用のスーツを着て出席した。

 陸上十種競技の右代啓祐(スズキ浜松AC)は欠席した。


  • LINEで送る