最小のハエ、タイで発見 アリに寄生し繁殖か 

タイで見つかった世界最小のハエのイラスト(右)。左のイエバエの15分の1程度の大きさ(Inna―Marie Strazhnik氏提供)

 米ロサンゼルス郡立自然史博物館のブライアン・ブラウン博士が2日、体長0・4ミリと世界最小のハエをタイで発見したと米昆虫学会誌に発表した。ノミバエの仲間で、イエバエの15分の1ほどの大きさしかない。

 ノミバエの仲間には、アリの体内に卵を産み付け、卵からかえったウジが内側から頭部を食べて成長するものがおり、米国南部では、毒を持ったヒアリの駆除に利用されることもある。

 今回見つかったハエも、小さなアリに寄生すると考えられるという。


  • LINEで送る