大飯3号機が臨界 4日にも送電開始  

大飯原発3号機が臨界に達し、中央制御室で確認作業をする職員ら=2日午前6時、福井県おおい町(代表撮影)

 関西電力が1日夜に原子炉を起動した大飯原発3号機(福井県おおい町、118万キロワット、加圧水型軽水炉)は2日午前6時、炉内で核分裂の連鎖反応が持続する臨界に達した。

 その後、徐々に原子炉の出力を上昇させ、早ければ4日に送電を始めて再稼働。8日にもフル稼働する。大飯3号機の運転再開は約1年3カ月ぶり。昨年3月の東京電力福島第1原発事故以降、定期検査で停止した原発の再稼働は初めて。

 一方、再稼働に反対する市民グループは起動後も原発近くに残り、抗議活動を続けた。


  • LINEで送る