海の最強爬虫類の化石発見 国内初、大阪・泉南 

 大阪府泉南市の中生代白亜紀末期(約7千万年前)の地層から見つかった海生爬虫類「モササウルス類」の顎の化石が、当時海で最強だったとされるプログナソドンに近い種のものであることが30日、分かった。

 ロイヤル・ティレル古生物学博物館(カナダ)の小西卓哉研究員と大阪府東大阪市の会社員宇都宮聡さんらのチームが解明した。チームによると、プログナソドンの近縁種が見つかったのは国内で初めて。

 モササウルス類は、陸で繁栄したティラノサウルスと並び、白亜紀に栄えた。

 化石は顎の一部で、茶色。長さ約15センチ、幅は約8センチ。2010年3月に宇都宮さんが発見した。


  • LINEで送る