大飯原発、操作ミスで警報作動 運転員、電源切る 

 28日午後4時ごろ、再稼働準備中の関西電力大飯原発3、4号機の中央制御室で、2次系の機器の漏電などを知らせる装置の電源を運転員が誤って切り、警報が作動した。すぐに電源を入れ直し設備に故障はないという。

 政府が再稼働を決定し、経済産業省原子力安全・保安院や関電などによる「特別な監視体制」が現地で始まって以降、3、4号機の中央制御室では警報が作動するトラブルが相次いでいるが、人為的なミスにより作動したのは初めて。

 牧野聖修経産副大臣は、訓練などで操作を習熟するように保安院を通じ関電に注意。関電は「メーカー、協力会社を含め再発防止に努めたい」とした。


  • LINEで送る