福島1号機地下で約10Sv計測 東電が映像公開 

 東京電力は27日、福島第1原発1号機の原子炉建屋地下1階の圧力抑制室周辺を撮影した映像を公開した。汚染水がたまり、さびのような物が沈殿している様子が写っていたほか、付近の放射線量は最高毎時約10シーベルト計測された。圧力抑制室の破損の有無は不明。

 東電によると、計測された放射線量は格納容器内を除けば最高値で「人が入って作業するのは非常に難しいレベル。遠隔操作で破損部分を確認したい」としている。

 映像は26日に撮影。原子炉建屋1階から地下1階に貫通する5センチほどの隙間から内視鏡と温度計、線量計を挿入。約40分にわたって動画を撮影、データを計測した。


  • LINEで送る