保安院長が大飯原発で陳謝 警報作動の公表遅れ 

 経済産業省原子力安全・保安院の深野弘行院長は21日の記者会見で、再稼働の準備を進める関西電力大飯原発3号機(福井県)の警報作動の公表遅れに関し「しっかり情報を共有するということで(特別な監視体制を)やっていたのに、できなかったことは本当に申し訳ない」と陳謝した。

 深野氏は「(情報共有について)特別監視チームの理解が不十分だった。『この程度なら安全上問題ない』ということで広報が遅れてしまった」と反省点を挙げた。


  • LINEで送る