東電社内事故調が報告書  「原因は想定外の津波」 

東京電力の原発事故調査委員会の最終報告書を公表し、記者会見する山崎雅男副社長=20日午後、東京・内幸町の東電本店

 東京電力の福島第1原発事故調査委員会(社内事故調)は20日、事故対応の状況や放射性物質の飛散状況の分析結果などを盛り込んだ最終報告書を公表。事故原因については「想定した高さを上回る津波の発生」とし、従来の主張を繰り返した。

 調査には外部の専門家による検証委員会も設けられていたが、東電は「調査過程で意見を聞いた」として、報告書には検証内容を具体的に盛り込まず、調査の客観性、妥当性に疑問を残した。


  • LINEで送る