ゴルフ、37人が競技持ち越し ツアー選手権第2日 

第2日、通算7アンダーの藤田寛之=宍戸ヒルズCC

 男子ゴルフのツアー選手権シティバンク宍戸第2日は1日、茨城県宍戸ヒルズCC(パー71)で行われ、雷雲接近のため、37人が競技を2日に持ち越した。第2ラウンドを終えた中では、64の金庚泰(韓国)が通算8アンダーの134でリードした。

 1打差に藤田寛之が続き、さらに1打差の通算6アンダーで藤本佳則と上平栄道がつけた。池田勇太は5アンダーに浮上し、初日首位の小林正則は79と崩れて1オーバーに後退した。

 プレー中では18歳の新人、川村昌弘が10番を終えて通算10アンダーに伸ばした。2日に第2ラウンドの残りと、上位60位タイまでが進む第3ラウンドを行う。


  • LINEで送る