トマトのゲノム解読に成功 千葉のDNA研究所など 

 かずさDNA研究所(千葉県木更津市)など14カ国の研究チームは、トマトのゲノム(全遺伝情報)の解読に成功し、約3万5千個の遺伝子の位置や構造が明らかになったと、31日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 病害虫に強いトマトや、ポリフェノールなどを多く含むトマトの品種改良に役立つとしている。

 同研究所によると、トマトのゲノムのうち、現在の技術で解読可能な7億8千万の塩基配列情報を解読し、大半を12本の染色体に位置付けた。

 トマトのゲノム解読は、日米、韓国、中国、英国など10カ国が参加して2003年にスタート。後に4カ国が加わりった。


  • LINEで送る