磐越道で玉突き、2人死亡 片側通行待ち、3人けが 

 30日午後1時10分ごろ、福島県会津若松市の磐越自動車道上り線の会津若松―会津坂下間で、大型トラックや乗用車など4台が絡む玉突き事故があった。追突されたキャリアーカーを運転していた茨城県土浦市富士崎、会社員草間信哉さん(41)と、同乗していた同県美浦村、会社員殿岡賢司さん(34)の2人が死亡。ほかに3人がけがをした。

 福島県警高速隊によると、現場は片側1車線。下り線の工事のため、上り線を使って片側交互通行にしていた。通行待ちの車の列に、後ろから福岡県久留米市大善寺町の運転手矢野秀樹さん(30)の大型トラックが突っ込んだ。


  • LINEで送る