4歳男児、電車にはねられ死亡 和歌山の阪和線踏切 

 30日午前10時15分ごろ、和歌山市上野のJR阪和線の踏切付近で、和歌山市の男児(4)が電車にはねられた。和歌山県警によると、男児は搬送先の病院で死亡した。

 和歌山東署によると、電車の運転士は「踏切内に立ち入っている人影が見えたので、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話している。

 男児は現場近くの知的障害者施設に通っていた。事故当時付き添っていた大人はいなかったという。

 JR西日本によると、電車は日根野発和歌山行きの下り電車。乗客にけがはなかった。

 阪和線は和歌山―和泉砂川で一時運転を見合わせ、計10本が運休。


  • LINEで送る