欧州議会で拉致解決訴え 家族会の増元事務局長 

北朝鮮による拉致被害者家族会の増元照明事務局長(左端)が出席して開かれた欧州連合(EU)欧州議会人権小委員会の公聴会=29日、ブリュッセル(共同)

 【ブリュッセル共同】北朝鮮による拉致被害者家族会の増元照明事務局長(56)は29日、ブリュッセルの欧州連合(EU)欧州議会人権小委員会の公聴会で日本人拉致問題について証言、「家族の生存を信じ、取り戻すまで戦いをやめない」と述べて、EUに協力を訴えた。

 家族会の代表が欧州議会で証言するのは初めて。増元氏は、欧州でもオランダ、イタリア、フランス、ルーマニアで市民が北朝鮮に拉致された疑いが強く、拉致被害は世界の12カ国に及ぶとの見方を示し、EU各国に真剣な取り組みを求めた。


  • LINEで送る