旧中央三井信託系に課徴金勧告 増資でインサイダー取引 

 みずほフィナンシャルグループが増資するとの未公表情報を基にインサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会は29日、金融商品取引法に基づき旧中央三井アセット信託銀行(現三井住友信託銀行、東京)に課徴金8万円の納付を命じるよう金融庁に勧告した。

 増資をめぐる不正取引で監視委が旧中央三井アセット信託への課徴金を勧告するのはことし3月に続き2回目。関係者によると、インサイダー情報を同行に伝えたのは2回とも増資を担当した主幹事の野村証券という。

 金融庁は三井住友信託が現在進めている社内調査の結果を見極め対応を検討する。


  • LINEで送る