にぎやかに船乗り込み、博多川 歌舞伎俳優顔見せ 

博多座での歌舞伎公演を前に行われた「船乗り込み」で、紙吹雪が舞うなか川岸に詰め掛けたファンに手を振る中村吉右衛門さん(先頭)ら=29日午後、福岡市博多区

 福岡市を流れる博多川で29日、歌舞伎俳優が顔見せのため小舟で川を下る「船乗り込み」があった。6月2日から博多座(同市)の歌舞伎公演に出演する中村吉右衛門さんら20人が、集まったファン2万8千人の声援に手を振って応えた。

 汗ばむほどの天気になった福岡。紙吹雪が舞う中、舟に乗ったはかま姿の俳優に、見物客が「播磨屋!」などと声を掛けた。

 福岡県太宰府市の会社員、松尾由美子さん(48)は「博多座歌舞伎といえば、船乗り込み。楽しみにしていた」と、初夏の風物詩となったイベントを待ちわびた様子。


  • LINEで送る