投稿の生徒「悪乗りした」と反省 いじめ動画 

 相模原市の中学校生徒が小学校低学年の児童をいじめている様子を写した画像をインターネットの動画サイトに投稿していた問題で、市教育委員会は24日、記者会見し、投稿したのは中学3年の生徒3人で「面白い動画を撮って投稿しようと悪乗りした。謝りたい」と反省の弁を述べていると説明した。

 市教委によると、生徒3人が投稿したのは15日。中学校側は21日、教諭が動画に気付き、生徒に削除させた。学校や市には苦情や非難の電話が24日までに400件以上あったという。

 しかし映像は転載されてネット上で拡散している。


  • LINEで送る