原発推進側に報告原案示す 核燃サイクル見直し 

  • LINEで送る

 核燃料サイクル政策見直しを議論している国の原子力委員会が、電力業界や経済産業省など原発推進側だけを集めた勉強会を開き、使用済み燃料の処理方法の評価をまとめた報告書原案を事前に示していたことが24日、分かった。

 勉強会は4月24日に開催。処理方法の評価を検討していた小委員会の座長を務める鈴木達治郎・原子力委員長代理も出席した。鈴木氏は「原案を事前に示したことは、誤解を受ける可能性があった。今後はそうした行為をやめ、改善する」としている。

 報告書原案には、燃料をごみとして地下に埋める地中廃棄など、三つの政策選択肢への評価が示されていた。