福島1号機の水位40センチか 原子炉格納容器、解析で 

 東日本大震災に伴う事故で原子炉の燃料が格納容器の底に溶け落ち、冷却のため注水が続いている東京電力福島第1原発1号機について、原子力安全基盤機構(JNES)は22日までに、格納容器内の水位が40センチ程度とする解析結果をまとめた。

 東電の解析では容器内の水位は約1・9メートルとみているが、今回の解析は東電を大きく下回る結果。基盤機構は「解析は不確かな部分が大きい。実際の水位は格納容器の中にカメラを入れて調べる必要がある」としている。東電は年内にも格納容器内に内視鏡を入れて実際の水位を調べる方針。


  • LINEで送る