豚肉で初のセシウム新基準値超え 福島・郡山、107ベクレル 

 福島県郡山市は22日、市内の養豚農家から出荷された豚肉から、食品の新基準値を超える1キログラム当たり107・2ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。同市は、この豚肉76・5キロの出荷差し止めと廃棄を指示した。

 厚生労働省によると、食品の基準値が4月に1キログラム当たり500ベクレルから100ベクレルに厳格化されて以降、豚肉が100ベクレルを超えたのは初めて。

 郡山市が農家での飼育状況や原因を調べている。


  • LINEで送る