CO2濃度が初の400ppm超 気象庁の3、4月観測 

 気象庁は16日、岩手県大船渡市の大気環境観測所で定点観測している温室効果ガス二酸化炭素(CO2)について、3、4月の月平均濃度が1987年の観測開始以降、初めて400ppmを超えたと発表した。

 大船渡を含む国内3地点で観測している昨年のCO2濃度も、年平均値としては観測史上最高。同庁は「先進国、新興国とも化石燃料使用によるCO2排出が続いており、上昇傾向が収まる兆しはみられない」としている。

 気象庁によると、大船渡の月平均濃度は今年2月に400・0ppmを記録し、3月は401・2ppm、4月は402・2ppmに達した。


  • LINEで送る