福島、森林除染20mは不十分 林業団体が要望 

 福島県内の林業団体などでつくる県森林除染推進協議会は16日、森林の除染範囲の拡大を求める要望書を県に提出した。

 東京電力福島第1原発事故による放射線量を下げるには、国が示している生活圏の境界から20メートルの森林を除染するだけでは不十分と指摘。雨水などで山から放射性物質が流れ出る恐れがあり、上流域も除染する必要があるとしている。

 除染で伐採した木材を有効活用するため、木質バイオマス発電の推進も求めた。

 協議会は同日、平野達男復興相、鹿野道彦農相にも要望書を提出する。


  • LINEで送る