トライアスロン、山本は40位 五輪代表の細田48位 

 トライアスロンの世界シリーズ第2戦は12日、米サンディエゴで男子を行い、日本勢は山本良介(トヨタ車体)がトップと2分23秒差の1時間51分10秒で40位に入ったのが最高だった。ロンドン五輪代表の細田雄一(グリーンタワー・フェリック・稲毛インター)は48位だった。(共同)


  • LINEで送る