プロ選手権、谷口が通算18勝目 初日からの首位守る 

2年ぶり2度目のプロ日本一に輝き、カップを手に笑顔の谷口徹=烏山城CC

 日本プロ選手権日清カップ最終日は13日、栃木県烏山城CCで行われ、2打差の首位でスタートした44歳の谷口徹が1バーディー、2ボギーの73で回り、通算4アンダーの284でツアー通算18勝目を挙げた。第1ラウンドからの首位を守る今季初勝利で、今大会は2年ぶり2度目の制覇。優勝賞金3千万円を獲得した。

 71と伸ばした43歳の深堀圭一郎が1打差の2位で、さらに3打差の3位に22歳の薗田峻輔が入った。池田勇太は70で、通算2オーバーの6位だった。


  • LINEで送る