柔道、福見が女子48キロ代表に 中村、穴井もVで五輪へ 

ロンドン五輪の柔道日本代表に選ばれた14選手。前列が女子の(左から)福見友子、中村美里、松本薫、上野順恵、田知本遥、緒方亜香里、杉本美香。後列が男子の(左から)平岡拓晃、海老沼匡、中矢力、中井貴裕、西山将士、穴井隆将、上川大樹=13日午後、福岡市内のホテル

 柔道のロンドン五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は13日、福岡国際センターで男女の計7階級を行い、女子48キロ級は福見友子(了徳寺学園職)が2年ぶり4度目の優勝を果たし、競技終了後の全日本柔道連盟強化委員会で初の五輪代表に選ばれた。

 女子52キロ級は中村美里(三井住友海上)が決勝で西田優香(了徳寺学園職)に勝って3年連続4度目の優勝を果たし、2大会連続の五輪代表に決定。

 男子100キロ級は穴井隆将(天理大職)が4連覇し、同81キロ級を2年ぶりに制した中井貴裕(流通経大)とともに代表に選出された。


  • LINEで送る