寺でお布施400万盗難 愛知・日進 

 12日午後11時55分ごろ、愛知県日進市梅森台1丁目の眺景寺で、住職の松平竜哉さん(52)から「自宅が荒らされ、現金がとられた」と110番があった。1階の居間にあった現金約400万円がなくなっており、愛知署は窃盗事件として調べている。現金は檀家からのお布施だという。

 同署によると、松平さんが午後11時20分ごろ、風呂に入るために居間を離れ、約15分後に戻ると居間の窓ガラスが割られ室内が荒らされていた。同居する松平さんの両親、妻、次女は1階と2階の寝室にいたが、物音には気付かなかった。


  • LINEで送る