広島・福山でホテル火災7人死亡 重傷も3人、設備不備 

死傷者が出たホテル「プリンス」の火災現場=13日午前10時33分、広島県福山市で共同通信社ヘリから

 13日午前7時前、広島県福山市西桜町1丁目のホテル「プリンス」から出火、4階建て延べ約1400平方メートルを全焼し、隣接の美容室を半焼した。宿泊客7人が死亡し、ホテルの女性従業員(75)と客2人の計3人が重傷を負った。

 市は1987年~昨年9月、建築基準法に基づく防災査察で少なくとも5回、建物に非常用照明設備がない点、天井や壁に不燃材を使っていない点などを同法上、不適格としていた。

 消防は2003年の査察で、消防設備を点検していないことなどを指摘したが、改善したかどうかは確認していなかった。


  • LINEで送る