少年の鑑定留置を延長 連続少女刺傷事件 

 埼玉、千葉両県の連続少女刺傷事件で、さいたま地検は、殺人未遂容疑などで逮捕、送検された少年(17)=埼玉県三郷市=の鑑定留置の延長をさいたま簡裁に請求し、認められたと7日、明らかにした。

 地検は延長の期間を明らかにしていない。7日が留置期限だった。

 少年は昨年11月、埼玉県三郷市で当時中学3年の女子生徒のあごを刃物で突き刺し、同12月には千葉県松戸市で当時小学2年の女児の脇腹など数カ所を刺したとして、殺人未遂容疑で埼玉、千葉両県警が逮捕していた。


  • LINEで送る