竜巻被害、家屋損壊は2千棟超 範囲は長さ15キロに 

茨城県つくば市で発生した竜巻について、気象庁で開かれた記者会見=7日午後

 関東地方を6日に襲った竜巻などの突風被害は、共同通信の7日のまとめでは、茨城、栃木、群馬、千葉の4県で死者1人、けが人56人、家屋損壊は2千棟を超えた。

 気象庁は7日の記者会見で、茨城県つくば市で発生した竜巻の強さを示す「藤田(F)スケール」は、死亡した男子中学生の自宅があるつくば市北条地区ではF2(約7秒間の平均風速50~69メートル)と推定されると発表した。被害範囲は同市から同県常総市にかけての幅約500メートル、長さ約15キロに達したとしている。

 栃木県真岡市の突風もF1(約10秒間の平均風速33~49メートル)の竜巻とした。


  • LINEで送る