巡査がパトカーを無免許運転 うっかり失効、愛知県警 

 愛知県警江南署は7日、地域課の巡査(24)が運転免許の有効期限が切れているのに気付かず免許を失効させ、約2カ月間、無免許でパトカーを運転していたと明らかにした。

 江南署によると、期限は昨年12月までだったが、巡査は更新せずにうっかり失効。2月に住所変更しようとした際に気付き、翌日に再交付を受けた。この間、勤務中にパトカーを運転することもあった。

 通常、パトカーを運転する際、免許証の携帯は確認していたが、有効期限は確認していなかったという。江南署の井ノ口尚彦副署長は「再発防止に努めたい。刑事上の責任は問わないが、監察官室が処分を検討する」と話した。


  • LINEで送る