捜査書類偽造で有罪判決 元警官、盗難でっち上げ 

 友人に犯人役を依頼して架空の自転車盗難事件をでっち上げたとして、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた神奈川県警中原署の元巡査仲田正彦被告(34)=懲戒免職=の判決で、横浜地裁は7日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 判決理由で朝山芳史裁判長は「警察捜査全体の信頼が損なわれ、社会的影響は大きい」と指摘。円滑な人間関係を築けなかった上司らを見返すため犯行に及んだ経緯に触れ「摘発の実績が過度に重視される職場環境にも問題があった」と執行猶予の理由を述べた。


  • LINEで送る