陸上の村沢、標準A突破ならず 福士も振るわず 

 【サンフランシスコ共同】陸上のカージナル招待は29日、サンフランシスコ近郊のパロアルトのスタンフォード大で行われ、男子1万メートルで村沢明伸(東海大)は日本勢トップの27分50秒59で10位だったが、ロンドン五輪参加標準記録A(27分45秒00)を突破できなかった。既に標準記録Aを破っている宇賀地強(コニカミノルタ)が27分52秒79で13位。佐藤悠基(日清食品グループ)は27分57秒07で16位だった。

 女子5000メートルで日本記録保持者の福士加代子(ワコール)は15分33秒11の12位と振るわなかった。


  • LINEで送る