永井がSG7勝目 オートのオールスター 

第31回オールスターで優勝し、賞金ボードを掲げる永井大介=伊勢崎オートレース場

 オートレースの第31回オールスター(SG)最終日は30日、群馬県の伊勢崎オートレース場で優勝戦(5100メートル、10周)を行い、既にグランドスラム(SG全制覇)を達成している永井大介(船橋)が2分53秒2で勝ち、賞金1500万円を獲得した。SG7勝目で、オールスターは3年ぶり2度目の制覇。

 20メートル前からスタートした青山周平(船橋)はスピードに乗り切れず、4周目に久門徹(飯塚)が先頭。浦田信輔(飯塚)、永井と続いた。

 浦田を抜いて2番手に上がった永井は、粘る久門を9周目に抜き去り、トップでゴールした。久門が2着、浦田が3着だった。


  • LINEで送る