スエマエ、8強入り インドOPバドミントン 

女子ダブルスでベスト8入りした末綱(左)、前田組=ニューデリー(共同)

 【ニューデリー共同】バドミントンのロンドン五輪出場枠が決まる5月3日付の世界ランキングへ最後の対象大会となるインド・オープンは26日、ニューデリーで各種目の2回戦を行い、女子ダブルスで昨年優勝の末綱聡子、前田美順組(ルネサス)はインドネシアのペアを2―1で下して8強入りし、五輪出場に望みをつないだ。27日の準々決勝でインドのペアと対戦する。

 五輪出場が確実な第2シードの藤井瑞希、垣岩令佳組(ルネサス)と、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)も勝ち、8強入りを決めた。


  • LINEで送る