バドミントン、イケシオ五輪確実 佐藤、佐藤・川前組も 

混合ダブルス2回戦を突破し、五輪出場を確実にした池田(奥)、潮田組=ニューデリー(共同)

 【ニューデリー共同】バドミントンのロンドン五輪出場枠が決まる5月3日付世界ランキングの最後の対象大会、インド・オープンは26日、ニューデリーで各種目の2回戦を行い、混合ダブルスの池田信太郎、潮田玲子組(日本ユニシス)がインドネシアのペアを2―0で下して8強入りし、ともに2大会連続の五輪出場を確実にした。

 女子シングルスの佐藤冴香(日体大)と男子ダブルスの佐藤翔治、川前直樹組(NTT東日本)も、五輪出場が確実になった。

 混合ダブルスの日本の出場枠は一つ。池田、潮田組は世界ランクで、日本勢2番手の佐藤、松尾静香(パナソニック)組に逆転されなくなった。


  • LINEで送る