ボート五輪、武田組が準決勝へ アジア予選 

男子軽量級ダブルスカル予選に出場した武田(右)、浦組=忠州(共同)

 【忠州(韓国)共同】ボートのロンドン五輪アジア予選は26日、韓国の忠州で開幕し、異例の再レースで男子軽量級ダブルスカル代表となった武田大作(ダイキ)浦和重(NTT東日本)組は予選1組で1着となり、28日の準決勝に進んだ。

 武田は昨年11月の代表最終選考会で補欠となったが、日本スポーツ仲裁機構への申し立てで選考のやり直しを勝ち取り、代表から漏れていた浦と組んで今月6日の再レースを制した。


  • LINEで送る