アテネ銀の女子選手が出場停止 禁止薬物に陽性反応 

 陸上女子の走り幅跳びで、2004年アテネ五輪銀メダリストのイリーナ・メレシナ(旧姓シマギナ=ロシア)が禁止薬物のテストステロンに陽性反応を示し、2年間の出場停止となった。ロシア陸連が24日、発表した。29歳のメレシナは2月に検査を受けていた。(ロイター=共同)


  • LINEで送る